2013年09月23日

錦帯橋

三連休、皆様どのようにお過ごしですか? お天気にも恵まれ、絶好のお出かけ日和の昨日、岩国の錦帯橋に行って来ました。遠出の時はいつも主人の車で出かけるのですが、先日、私の車(セダン)を新車に買い換えたので、少し遠出をしようということになり、久しぶりに岩国へ・・・ちなみに今度の車は、一番人気のハイブリットカー、アクアです。

CIMG8851 (640x480).jpg

日本の三名橋の一つとされる錦帯橋、五連のアーチ状の橋が特徴です。詳しくはこちらからどうぞ。連休ということもあり、かなりの人出、佐賀や鹿児島ナンバーの観光バスも数台来ていました。また、近くに米軍の岩国基地があるので、家族連れの米軍の方もよく見かけました。

CIMG8853 (480x640).jpg CIMG8852 (480x640).jpg

久しぶりの真夏日、暑かったあせあせ(飛び散る汗) 宇部は海に面しているので、県内では夏涼しく、冬暖かいのですが、岩国は山に囲まれた盆地なので、夏暑く、冬寒い、宇部と2℃くらい違います。

CIMG8855 (480x640).jpg CIMG8862 (480x640).jpg

行く前にはそれ程とは思わなかった気温、岩国に着いてみると体感気温はグッド(上向き矢印)、レースのカーディガンと日よけの長手袋を身につけていましたが、あまりの暑さに脱ぎました。

CIMG8867 (480x640).jpg CIMG8865 (480x640).jpg

アーチ状の橋、写真の様に階段になっています。最初はいいのですが、アップダウンがあるので、渡っていくと意外に疲れる・・・どうにか渡り終え、対岸に到着。吉川史料館・岩国美術館を観て、山麓駅からロープウエーで3分、山頂の岩国城へと・・・お城へはロープウエーを降りて、徒歩約5分、なだらかな坂を登っていきました。ちょっとしたドライブのつもりが、こんなに歩くことになろうとは・・・予想外でした。

CIMG8863 (640x480).jpg

お城の最上階からは、錦帯橋や岩国の町が一望、風も吹き込んでくるので、少し涼しい・・・錦帯橋付近を4時間くらい散策して帰路に付きました。
posted by マダムAtsuko at 07:22| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

アマテラス

博多座で公演中の坂東玉三郎×鼓童の舞台「アマテラス」を観劇してきました。久しぶりの博多座です。博多まではいつも高速バスを利用しています。約2時間で博多に到着  第一幕は、最初に大太鼓の演奏・・・太鼓の鼓動が、身体に直接伝わってくる・・・その体験に驚き、感動しました。そして、アマテラスの坂東玉三郎が登場、台詞は一切ありません、ですが、アマテラスとスサノオの神話は知っていたので、言葉は発しなくともその表情やしぐさ、また太鼓・笛・鐘などの効果音で、いまどんな台詞を言おうとしているのか、直接心に伝わってきました。

CIMG8845 (480x640).jpg CIMG8848 (480x640).jpg

第二幕はアマテラスが天の岩屋戸に身を隠した為、世界は闇に閉ざされます。岩屋戸の前では八百万の神々が祈りの宴を始めます。囃し、謡い、舞い踊る神々・・・そんな神々を鼓童の面々が大太鼓・小太鼓・笛・鐘などを使い表現していく・・・躍動と美の饗宴の伝説の舞台・・・そんな説明がありましたが、まさにその通り、やがて、アメノウズメも加わり、その昂揚が最高潮に達した時、天の岩屋戸の扉が開き、眩い光が・・・

CIMG8849 (480x640).jpg CIMG8633 (480x640).jpg

光輝く衣装を身にまっとったアマテラスが登場・・・その顔は袖で隠されたまま舞台中央へ・・・そして、その美しい顔が現れた時、周りから「わ〜、綺麗!!」と思わず言葉がでるほど・・・破壊と創造、そして調和へ、壮大なる神話が繰り広げられました。幕が降りた後、拍手が鳴り止まない、通常カーテンコールは3・4回くらい、今回はそれでもまだ拍手が鳴り止まず、次に幕が開いた時、再び鼓童の演奏が始まり、またまた客席が大興奮、みんな立ち上がり、スタンディングオベーション、その後もカーテンコールが続き、合計8回のカーテンコールでした。カーテンコールだけで約30分・・・久しぶりに興奮した舞台でした。
posted by マダムAtsuko at 00:00| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

ミントンの技法U

ミントンの技法にはもう一つ、食器装飾最高の発明と称えられるパテ・シュール・パテ技法があります。液体状の白いエナメルを使い、文様を描いては焼くことを何度も繰り返し、立体的なレリーフを作り上げます。

CIMG8823 (480x640).jpg CIMG8824 (472x640).jpg

ターコイズ色の小さなベース、そこにはパテ・シュール・パテ技法で可愛い小鳥が描かれています。1800年代後半の作品です。

CIMG8842 (480x640).jpg CIMG8843 (480x640).jpg

左上の写真でお分かりのように、塗り重ねることで、羽毛の質感がよく現されています。裏には、麦の穂が描かれています。
posted by マダムAtsuko at 00:00| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

ミントンの技法T

ミントンは洋食器の世界において、技術面の分野で素晴らしい貢献を果たしています。金を腐食させることにより文様を浮き彫りにするアシッド・ゴールド技法、下のプレートはアシット・ゴールド技法が使われています。

CIMG8821 (462x640).jpg CIMG8850 (480x640).jpg

右上のプレートは、金を盛り付けて立体的な造形を可能にしたレイズド・ペイスト・ゴールド技法も取り入れられています。

CIMG8820 (480x640).jpg CIMG8818 (480x640).jpg

こちらのプレートは、ミントンに特注で依頼された作品のようで、右上の写真には依頼した方のイニシャルが装飾されています。




posted by マダムAtsuko at 00:00| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 食器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

おもてなし

2020年の東京でのオリンピック・パラリンピック開催が決定し、最近のワイドショーではその話題がずっと放映されていますが、その中で滝川クリステルさんが、プレゼンテーションで話した「おもてなし」というフレーズが話題になっていましたね。「おもてなし」・・・日本にはいろんな面でおもてなしの精神が息づいていますね。日本人の行動が外国の方にとっては驚きをもって見られることも多く、その驚きや感動がネットでも紹介されています。

CIMG8204.JPG CIMG7992.JPG

「おもてなし」、招く側がお招きする人に対していろいろ心配りをする、どんな点に気をつけたり注意すればよいかということを、ティーパーティーの開き方やその他のレッスンでもお話しています。そんなに難しいことではないのですが、言われてみて初めて気が付くことなども多く、皆さん、なるほど・・・と改めて「おもてなし」の大切さを感じられています。

CIMG8800 (480x640).jpg CIMG8798 (480x640).jpg

また、招かれる側の注意点についてもお話しています。その中で、以前通っていたテーブルコーディネートの先生に教わった内容に、お料理を勧められた時、その返答に「こちらで、いいです。」とは決して言わないように、「こちらをお願いします。」「こちらがいいです。」と答えるようにと言われました。皆さん、お分かりですよね。「こちらで」と言うと、話した本人はそんなつもりはなくても、あまり気に入らないけれど、とりあえずこれに決めたという様に聞こえてしまいます。「・・・で」と「・・・を」「・・・が」は、文字にすると1文字ですが、ニュアンス的には大きな違いがあります。招く側・招かれる側、お互いマナーを守って、楽しいティータイムを過ごしたいものです。
posted by マダムAtsuko at 23:42| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

EARL GREY KANDIS

フレーバード・ティーの代表ともいえるアールグレイ・・・ご入会される時、皆さんにアンケートを記入して頂くのですが、お好きな紅茶はという質問に、アールグレイと書かれる方が多数いらっしゃいます。

CIMG8780 (480x640).jpg CIMG8781 (480x640).jpg

そんな人気の高いアールグレイ・・・こちらは、アールグレイ・キャンディスといって、氷砂糖をベルガモットと洋ナシの爽やかな香りとまろやかな甘味のシロップに浸けた物です。

CIMG8784 (480x640).jpg CIMG8785 (480x640).jpg

適量をカップに入れて、紅茶を注ぐと、パリパリッという音をたてて、氷砂糖が溶けていきます。フレーバード・ティーのようなベルガモットの香りはありません。お味はというと、ほんのり柑橘系のお味は感じられますが、グラニュー糖を入れた時とさほど違いは感じられませんでした。
posted by マダムAtsuko at 14:55| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

テーブルクロス

ティーパーティーの開き方のレッスンがありました。普段はクロスは掛けていませんが、こちらのレッスンの時は、クロスを掛けて、テーブルを華やかに演出・・・今回のクロスはこちら

CIMG8758 (640x480).jpg

金糸が使われているので、とても豪華、ご覧になった生徒さん、「わ〜、とっても豪華で素敵!!」「明治時代の洋館に掛けてありそう」などなど、いろんな感想を頂きました。

CIMG8766 (480x640).jpg CIMG8770 (480x640).jpg

フラッシュを使うと左のような色彩になりますが、実際の色調は右の写真のような感じです。

CIMG8761 (480x640).jpg CIMG8762 (480x640).jpg

クロスの縁は写真のような縁取りが施され、フリンジも付いているので、一層豪華に・・・

CIMG8774 (480x640).jpg CIMG8775 (480x640).jpg

「汚してしまいそうでちょっと怖い!!」と話された生徒さん、ご心配はいりません、防水加工がしてあるので、お気になさらず、優雅なアフタヌーンティーをお楽しみ下さいませ。



posted by マダムAtsuko at 00:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

過ごしやすく・・・

9月になって少し気温が下がり、過ごしやすくなりましたね。1日中フル回転していたエアコンも、窓を開ければ涼しく感じられるようになり、使わなくてすむ時間も増えてきました。

CIMG8787 (480x640).jpg CIMG8789 (480x640).jpg

赤とんぼの姿も見かけ、日が暮れる時間も少しずつ早くなり、秋の訪れを感じられるこの頃です。

CIMG8537 (480x640).jpg CIMG8549 (480x640).jpg

夏の疲れも出やすい時期ですので、皆様どうか体調管理にはお気をつけ下さい。
posted by マダムAtsuko at 00:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。